濁り汗

0
    結局、三連休どこにも出なかったので、今夜は風呂を溜めた。
    というのも、この時期になるとシャワーだけで済ます為、風呂は溜めないのだが、今日は気温も低かったので久しぶりに溜めてみた。

    ゆっくり長湯したかったので、私が一番後に。。。
    熱い湯を溜めて、下半身だけ浸ける、いわゆる半身浴。
    しかし、時期が時期だけにかなり暖まる。
    まるで、自家製のサウナのような状態。
    こういうとき、顔から汗がしたたり落ちるので、洗面器を下に受けておく。

    ポタッ、ポタッ、ポタポタッ、とだんだんしたたり落ちる量が増えていく。
    ひとしきり、汗をかいたあと、ぬるま湯のシャワーで洗い流す。
    あ、ことわっておきますけど、最初にもちろん身体と頭は洗ってますよ。

    そして第二ラウンド。
    ここでさっきと違うのは、半分水を入れた洗面器で受ける。
    汗の濁りを確認するためだ。

    ・・・で、汗って濁るよね?
    濁らない??え、もしかしてワシだけ??
    うーん・・・。

    メタボだからか、脂っ濃いのか、だんだん濁ってくるんですよ。汗が。
    どんな感じってね、バターを溶かしたスープをポタッと落とした感じ・・・いや、余計わかりにくいな・・・えーと、ちょっと濁った液を透き通った水に落とすと、水面より下にボワッて濁りの煙幕が立ちますよね?あんな感じ。。。

    ただ、これが良いことなのか、はたまた何かの危険信号なのか、医学に詳しくない私はわからないのね。
    ・・・で、これを目安に、湯から上がることにしてるんですよ。
    この汗が出る頃になると体中が火照ってますからね、汗を流したいんですけど、やはり冷たい水はヤバイと思って、あくまでぬるま湯で流すんですよ。
    でも、角質までもが溶けて流れたみたいでね、非常にスッキリするんですよ。
    まるで、身体全体に『鼻スッキリシート』をやったみたいにね。

    いや〜。よかった(スッキリ)
    でも、火照った身体はどうしようもなくて、風呂上がってからも汗がダラダラ・・・しょうがないので、カミさんが皿洗いしてたのを変わってもらいました。
    いや〜、皿洗いの水の気持ちいいこと。
    皿は洗えるし、体温下がるし、一石二鳥とはことことですね。


    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM