病人

0
    ここんとこ、ホームページもブログもツイッターも更新が止まっています。

    自転車も12月から走っていません。

    というのも、持病でもある痛風が悪化しまして、年末から病院通いなのです。

    5年前にも病院に行ってたのですが、いつの間にか行かなくなり、そのまま放ってたら酷いことになりました。

    11月に急激に運動したのも拍車をかけてしまったようで、年末にキャンプの誘いが、きたときまでは良かったのですが、連休明けに歩くのもままならなくなり、急遽病院に行ったら、『来るのが遅い!』と怒られる始末で、ともあれ今は尿酸値も正常値まで下がり、週1の病院通いで薬を飲み続けています。

    で、休みの日は水分をとにかく取り、トイレに何度も行かなければならない(尿酸値が下がっても関節に結晶が溜まっているので、溶かし出す必要がある)のです。



    これはジュウヤクの煎じ薬です。
    ジュウヤクとは十薬と書き、ドクダミのことです。
    痛風にいいらしくて、水分はこれで補給してます。

    牛乳もいいらしいですが、私はお腹が緩くなるのです。

    ともあれ、痛み止めを飲まなくてもいい状態まで回復したら、また自転車を再開したいと思います。




    原因不明の腫れ

    0

      何故かなにかと左足を負傷しやすい私ですが、水曜あたりから左足の人差し指が腫れて痛みを伴い、歩きづらくなっています。

      木曜は熱も出て風邪かと思いましたが、咳も出ないし喉も痛まず、鼻水も出ません。

      金曜も微熱が続くものの、歩けないほどではないので仕事に出ましたが、昨日は足が猛烈に痛くなり、仕方がないので病院へ。。。

      いつも仕事場の近くの総合病院へ行くのですが、また平日に行くことになったら困るので、そのいつもの病院へ(家からだとちと遠いですが)行きました。

      ここでも以前書いた痛風診断もそこで受けたので、もしかしてそっちかもな・・・と思いつつ、いつもの外科へ。

      患部を診せてくださいと言われ、靴下を脱いだのですが、一目見て「これ、痛風とは関係ないですよ!」と。
      「痛風だったら、ココでしょ!」と指の付け根をぐっと押さえられたのですが、そこはなんともない。

      痛いのはあくまで、人差し指の先のほう。

      ちょっと、膿が出るか注射針差しますね・・・と、そのタダでさえ痛いところに細い注射針を差され、吸引しようにも血しか出ず。。。

      改めて採血して血液検査をしてみると、確かに炎症反応はあるとのことで、それで一時的に熱が出たようだと。。。ちなみに痛風のそれ(尿酸値など)は影響するほどの数値ではないとのこと。

      絆創膏を貼り、骨(関節)に異常がないかと、レントゲン室へ。。。

      放射線技師の人が私の顔を見るなり「おや?確か以前にも左足撮りませんでしたっけ?」って覚えられていました。

      結局、レントゲンを撮るも、骨には異常は見つからず。。。

      元の診察に戻り、何か心当たりあります?と言われるので、前日の火曜に久々に革靴で歩き回った(いつもは作業服なので運動靴が多い)ことを話しましたが、「直接関係は無さそうですね」とのこと。

      他には?の問いに、今週はいろいろ仕事上のストレス(この1個前に書いてた話関連)に悩まされましたと言うと、「まぁ、まず関係ないでしょう」と。

      さらに他には?と言われるので、「あの〜、御祓いはしてないですけど、私後厄なんですよ」と話すと、「面白いこと言いますね」と、あっさり切り捨てられました(爆)

      結局、痛み止めと抗生物質を処方され、また火曜にでも来て下さいとのこと。

      でもねぇ、今日もズキズキ傷むし、まだ腫れてるんですよ。
      一種の破傷風みたいな感じとも言われてましたけど、最近下水の仕事もしてないんですけどね。

      まぁ、また火曜に受診はしますけど。。。


      鈍痛

      0

        まだ腕が痛みます。

        けど、実は昨日病院に行ってみたんですよ。

        どこに行ったらいいかわからないので、いつものごとく仕事の途中でも行ける総合病院の西条中央病院へ。

        昨年夏まで痛風の薬を処方してもらってた(その後自転車に乗ってるうちに尿酸値が下がったため、運動を続けなさいとのことで薬は9月以降もらってない)ので約一年ぶりです。

        まず受付で、手の痛みを説明したところ、「整形・・・外科・・・ですかね?」と返されるので『こっちが聞きたいわい!』と思いながらも、「前にも外科に行ってたので(痛風で)そっちでいいです」と答えた私。

        午後に行ったので年寄りもおらず、ものの5分で診察室へ。

        どうされましたか?こうすると痛いですか?と、私の右手をいろんな角度に回して触診。

        案外、人の手で捻ったり回したりしてもそんなに痛くないんですよ。

        で、まぁ特異な角度、例えば車運転しながら左胸ポケットの煙草を取り出すときみたいな角度で痛みが走るとか、先月重い物を引いたり押したりしてから痛むとか、いろいろ説明してレントゲン室へ。

        う〜ん。5枚くらい撮ったかなぁ・・・。昨年の靱帯を傷めたときは別の病院でしたが、あのときと同じ感じ。

        再び診察室に戻り、骨に異常は見受けられませんとのこと。

        じゃぁ、また靱帯か?いや、昨年のそれほどは痛くない。

        ・・・で、最初にこの病院を訪れたとき、昔足の指の骨を折ったところがヒビでも入ったかのごとく痛んで診察してもらったんですが、そのときも「どこ折ったん?」ってくらい綺麗に治ってて、結局「痛風」と診断されたことを思い出したんですよ。

        で、やぶ蛇かもしれないけど、思い切って尋ねたんですよ。『痛風』ってこともありますよね?と。

        薬は今も飲んでますか? いや、全然。

        足の親指は痛みますか? いや、全然。

        以前痛んだところはどうですか? いや、全然。

        じゃぁ、痛風で先に腕が痛むなんてことはあり得ませんから違いますね。と、バッサリ。

        だったら、この痛みは何なのだ?と思っていると、

        ただの筋肉痛ですね〜 (まぢかよ)

        痛み止めのロキソニンとシップ薬出しときます〜 で、診察終了。

        まぁ、痛み止めを飲むほどの痛さではないので、シップ薬は貼ってますが、まぁまぁ効いてます。

        一日違いで、この前の健康診断の結果が届きました。

        尿酸値、γ−GTPともに昨年より大幅に下がってました(まだ注意レベルではありますけど)

        体重も腹囲も昨年より下がり、視力はアップ。

        なんだ良くなってるじゃないか。。。そんなら、腕の痛みも治まればいいのに。

        カミさんに昨夜、「筋肉痛じゃて」と報告すると「ジジイじゃけんしょうがないよね」と切られましたとサ


        鈍痛

        0
           ここ1ヶ月ほど右手が痛いです。

          どうも、先月、深入山にキャンプに行った際、一番早く着いたので一人でトレーラーを押したり引いたりして位置を決めたのですが、それから帰って3日後くらいに、右手甲の筋がズキズキするのに気付きました。

          しばらくシップ薬を貼ったり、腕の筋肉痛もあったので腕にも貼ったりしていました。

          ところが一向に痛みが治まりません。

          ここんとこ天気が悪いので余計痛い気もします。

          昨年、自転車でコケまして、同部位の靱帯を傷めているので、その影響もあるのかと思いますが、ちちょっとこのところ痛みが増してる気がします。

          今日は昼にコンビニ弁当を食いながら箸を使っているときに、結構痛みが走りました。

          ただ、ずっと痛いわけでもなく、ときどき鈍痛の大きいのがくる・・・みたいな感じです。

          以前にも書きましたが、痛風になったことがある(って、普通は治りませんが、昨年自転車に乗り出してから尿酸値は正常値に戻った・・・けど、手を痛めてから、あんまり乗ってないのでリバウンド?した可能性もある)ので、「それかな?」みたいな勘ぐりもしたんですが、痛風の痛さときたら、「骨折したんじゃないか?」ってくらい痛い(骨折の経験も有り)ので、そんな痛さではありません。

          肩こりの経験があまりない私ですけど、よくパソコンを長時間やってると腕がだるくなって、さらに酷くなると筋肉痛ともなんとも言い難い鈍痛がしますよね?あれが手の甲に集中した感じなんですよ。

          ・・・と、まぁこんなことをブログに書いたところで、その痛みは私にしかわかりませんから、「フ〜ン」くらいのもんですけどね。

          6月初めに健康診断を受けたので、まぁその結果を踏まえて(尿酸値とか)から病院に行ってみようとは思うのですが。。。

          喉ガラガラ

          0

            ようやく暖かくなってきましたが、どうも土曜あたりから咳が止まりません。

            いちおう、休日は置き薬等を飲んでてちょっと治まっていたんですが、今日は日中もゲホゲホで、調子が悪い状態です。

            ゲホゲホしながら煙草を吸うので余計に悪いんですけどね。

            ひとつの原因としては、3月になりだんだん仕事も消化してきて楽になってきている=気の緩み だと思うんです。

            だいたい、いつも仕事が片づくと病気してます。

            多忙なときは気が張ってるんでしょうね。

            って、こんなネタで何度かブログにも書いた気がします(進歩せんね)

            まぁ、まだ大きな工事の検査書類が片づいてないので、緩んでる場合じゃないんですけど。。。

            ところで、咳が出て喉が痛いときって、ラーメン食べ辛いと思いませんか?

            まぁ、ラーメンに限らず熱い麺類は。

            湯気を吸った途端にむせてしまいます。

            でも、喉には加湿したほうがいいはずなのに、何故か身体は拒絶反応です(ワシだけなんか?)

            早く治して美味しいラーメンをすすりたいものです。


            体調不良

            0
              今日は実家の尾道に帰省する予定でしたが、帰られませんでした。

              例年になく苦しい年の瀬を迎えています。

              今朝方4時頃、胸が苦しくなり吐き気を催したため、トイレへ。
              かなりの嘔吐と下痢で一気に身体がダウン、そのあとは悪寒が絶えず、高熱にうなされる状態に。。。

              夕方には一旦熱も引き、下痢も止まったのですが、現在も30分周期くらいで平熱→悪寒→高熱→発汗→平熱を繰り返している状態です。

              平熱時は36度5分、高熱時には38度を越えます。

              なんとか明日までに落ち着いてくれると良いのですが。。。

              またボンヤリしてきました

              右手

              0
                111130_123719.jpg
                土曜日に負傷した右手の包帯と添え木がやっと外れました。

                まだ反らすと少し痛みますが、ほぼ大丈夫です。

                今朝、広島市内の病院に行くのに9時から開くので、滅多に寄らない勤め先の会社の広島支店へ。。。

                吊手をして包帯ぐるぐる巻きでしたので『どしたん!』状態で、そのまま朝礼当番も回されて、いきさつを朝礼で話すハメに。。。

                しかしその1時間後の病院で『あ、もう大丈夫そうなので固定はいいですね』と、元の右手に戻っていたのでありました。

                なんか仮病みたいな朝礼をしたみたいでアレなんですけど、まぁ、これもタイミングですからね〜。

                ところで、包帯を外した直後、思わず手の平をクンクン匂ったら、ゲボが出そうになりまして、診察が終わったら、速攻でトイレに駆け込み手を洗ったのでした。

                4日分の汗と垢のニオイときたら・・・(爆)

                右手負傷

                0
                  111127_105322.jpg
                  昨日のサイクリング中、急ブレーキをかけた大夢の自転車に後ろを走ってた私がクラッシュ。

                  そのまま右へ倒れこみ、右手を強打しました。

                  痛みを堪えつつ帰宅したものの、痛みは増すばかりで休日の担当医を調べて、昨夜カミさんの運転する車で病院に連れてってもらいました。

                  幸い骨折はしていませんでしたが、手首の靭帯を傷めたようで、手首を動かすと激痛が走るためやむなく固定されました。

                  今は痛み止めを飲んでいるのでなんともありませんが、不便なことこのうえありません。

                  痛みがなければ固定を外してもいいと言われましたが、今日一日中は安静にしておこうと思います。

                  ちなみに・・・負傷したのは昨日の午前11時頃で、昨日投稿してた『昼食』は既に負傷した後でした。

                  最初は、『なんか痛むなぁ』程度でしたので、息子の前もあって『大丈夫大丈夫』と、そのまま向原駅まで走って折り返し、夕方陽も暮れてきた頃に大丈夫じゃなくなってきたのでしたとサ。



                  運動するということ

                  0

                    久々に昼に会社にいたのと天気が良いので、今日は走りに出ました。

                    朝晩は寒いくらいですが、昼間はまだ暑いですね。。。10分と走らないうちに汗がにじんできました。

                    昼休みコースはここ最近出られなかったので、今日は国際大学周回コースへ。。。



                    途中の黒瀬川です。

                    背高粟立草が満開(花粉症の人は大変だろうな・・・)でススキが穂をもたげていました。

                    すっかり秋の彩りですねぇ。

                    ・・・で、カテゴリが『チャリアゲイン』ではなく今回は『健康』なんですけど、まぁ、サイクリングを始めたきっかけというのが、結局のところ痛風が酷くなったもので、「何か運動始めなきゃならないな・・・」というものだったんです。

                    毎年の会社の健康診断で、昨年、危険信号な値が出てしまいまして、それで薬を飲んだりしてたんですが、それもこの春に辞めてたのが原因で、今年の健康診断ではさらにヤバイ数値が出てしまいました。

                    それで夏から自転車を始めたわけなんですが、8月初めに病院に行き、薬をもらっていました。

                    朝昼晩の食後×30日分。。。

                    まぁ、盆を挟んだりしてまた飲み忘れもあったんですが、現場に出たり、夜遅くに帰ったりすると昼と晩によく飲み忘れるんですよ。

                    で、今朝、最後のひとつの薬がなくなってしまったのと、今日は現場作業が空きでしたので、午前中に病院へ診察と薬をもらいに行きました。

                    まぁ、当然8月末には薬が1回なくなって診察に来るはずの私が10月になって行ったもんで、先生も呆れ顔です。

                    『今日は幾分時間があるのですか?』の問いに『ハイ』と正直に答えてしまった私。。。

                    『じゃぁ、血液検査して今の状態を確認しましょう!まぁ、40分もあれば結果が出ますから、待っててくださいよ!!(ニヤ)』と念を押され(ホンマに信用されとらんな・・・)血ぃ抜いて結果を待つハメになりました。

                    ・・・で、いよいよ診察だったんですが、尿酸値はほぼ正常に治っていました。

                    『食事を変えられましたか?』 「いいえ」

                    『禁酒されたとか?』 「いえ、ガンガン飲んでます」

                    『ほかに何か生活上変えられたことは?』

                    「あ〜、最近、空き時間には自転車で運動するようにしてます。」

                    『あ〜〜、それですね。それ続けてくださいね。』

                    というわけで、毎日薬を飲むよりも、自転車で軽く汗をかくくらい運動するほうが、全然良いらしいです。

                    また朝昼晩×30日分の薬を出されましたが、『一ヶ月後に』とは言われませんでした。

                    今の状態で適度な運動を続けながら、薬は飲めるときに飲んで、薬が無くなったらまた診察に来なさいと。。。

                    それで、今日の昼休みはいつにも増して、すがすがしくサイクリングしたのでありました。


                    まぁ・・・続けられるだけ続けてみます。



                    かい〜の

                    0

                      今週は昨日昼に走りに出たくらいで、月曜・火曜は現場でした。

                      今日は昼前に病院に行ったら、昼時間がなくなってしまったので、今日も自転車はお休みです。

                      何の病院かというと皮膚科。

                      以前にも書きましたが、汗疱がまた悪化して痒みが止まらなくなったのです。

                      放っておくと、3年前のときみたいに、あかぎれみたいになって、終いには歩くことすらままならない状態になってしまうので、早めに行きました。

                      汗疱は最近、多いらしいですけど、私の父もそうで私もそう、そして息子も発症していますので、遺伝もあるのかもしれません。

                      ただし、原因のひとつとして発汗量が多いこと、ストレスを貯めやすいことなどが起因するらしいので、そっちの遺伝で間接的なものかもしれません。

                      人当たりが良いと、内面に自分でも気付かないくらいのストレスが貯まってしまうそうで、そういう一面が私ら親子孫には見受けられるかな・・・とも。

                      ただ、ストレスなんて全く無しで生きてる人なんていないですよね。

                      それにしても、久々に皮膚科に行ったら人の多いこと待ち時間の長いこと、だいたい並ぶのが嫌いな性分の私ですから、そういう意味で病院は好きではないのです。。。が、まぁ、こればかりは仕方がないので待ちましたけどね。

                      一番多い患者さんは、やっぱり幼い子供ですね。

                      アトピーやら汗疹だとかトビヒなんかもそう。

                      今日の待ってる人で「あれ?」と思ったのが、小さい子を連れたお母さん(これは普通)+お父さんが付き添っている家族がやたら多かったこと。

                      べつに、来ててもいいんですけど、男親であっても育児休暇がとれる会社も増えてきたらしいので、それなのかもしれませんけど、なんとなく不思議な感じでした。

                      つまり待合室は、これでもか!ってくらい人が居るんですけど、診てもらうのは子供だけで、それに付き添っている夫婦が一緒なので人数が2倍、3倍になっているという状況。

                      まぁ、育児にあまり参加してない私が思うことですから、たかがしれてますがね。

                      次は2週間後にまた来いとな。。。メンドクサ・・・。



                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM