霊柩車

0
    とある仕事の現場に向かって車を走らせていました。

    運転していたのは私、助手席にはSE会社の社長を乗せ、とある機器の設定に行くところでした。

    山道に入ると前方に、黒塗りのベルファイアがノロノロ走っていました。

    緑ナンバーでタクシーのような行灯を付けていないので『あ、なるほど』と悟りました。

    というのもその山道を頂上まで登ると火葬場があるからなんです。

    私が幼かった頃は霊柩車といえばキンキラキンの神殿造りのものが主流でしたが時代の流れというか今は目立たない車が多いですが、それでもリムジンとかの高級車が多いので、ベルファイアも決して安い車ではないですが、なんとなく違和感がありました。

    それにしても、ひどく速度が遅い。

    坂道も急だし、最近は棺桶に釘を打たないのでそろ〜り走っているのかな?あんまり急がれても嫌なので御遺族を気遣っているのかな?と、あんまり距離を詰めるのも嫌なので、ある程度距離を置いて、こちらもゆっくり付いて行きました。

    やがて現場に到着しました。

    実はそこで道が二手に分かれているのです。

    左の坂を登って行けば火葬場、右に登ると民家が三軒ほどあって行き止まりです。

    すると、その車は右のほうに登って行きました。

    今時、自宅葬でもしとるんじゃろか?と思いながらも、こちらはこちらで作業の準備に取りかかっていました。

    ふと、右の道の上の方を見ると、さっきのベルファイアが止まって、、、というか、上の方はかなり道が狭小なので詰まった感じになってます。

    バックギア入れたりブレーキ踏んだりして、かなり手こずっている感じ。

    まさかとは思うが。。。と、それでも仕事があるので作業を進めていると、10分ほどしてベルファイアが戻ってきました。

    運転手が下りてきて、『すみませーん』と声をかけてきたので、嫌な予感がしながらも『何でしょうか?』と応えると、

    火葬場はどっちに行けば良いんでしょうか?


    マヂか!Σ( ̄□ ̄)!

    よく見ると運転手もタクシー会社のようなキッチリした服装ではなくジャージっぽい感じ。
    助手席には遺影らしきものがあったので、それに間違いはないようですが、ふと、最近よく目にする安いお葬式が頭をよぎりました。

    そうか。。。ということはこの霊柩車、よその地域から来たのかな。
    ベルファイアで違和感を覚えたのもそのためか。。。と、全てを悟った気がしました。

    たぶん、後続の車も無かったので身寄りの無い人なんでしょうねぇ。

    それにしても最後の最後に迷われたら、無事に成仏できるんじゃろか?と思った出来事でした。


    イモビライザー

    0
      便利なようで不便。

      タバコが切れたので、近くのコンビニ(って、トレーラーを停めてた駐車場よりは遠い)に行くのに、歩くのもたいぎぃので、車で行こうと。。。

      今はトレーラーはおろか、デリカも無く、カミさんが乗っている軽のN-WGNしかありません。

      いつも使うキーはカミさんが持ってる(今日は仕事でいない)ので、家の置き鍵にしているもう一つのキーを使うことに。

      滅多に使わないので、どうやら電池が切れていたらしく、キーレスエントリーはウンともスンとも。

      仕方ないので、内蔵している普通のキーを鍵穴に差し込んで開けたら、イモビライザーが騒ぎ立てました。

      ビー! ビー! ビー! ビー! ビー! 

      止め方がわからない。

      日曜でみんな居る(アパートの)ので、何事かと窓から見られる始末。

      近所迷惑なので、ドア閉めて外から鍵をかけたら鳴り止みました。

      が、これでは意味が無い。

      取説は車の中なので、再び鍵を開けるも、

      ビー! ビー! ビー! ビー! ビー! 

      くっそ、くだらんシステムだ。

      鍵で鍵を開けるのに認識しないのか?

      このクルマの場合、鍵に電池がないと、イモビライザーが鍵と認識しないらしい。

      たぶん解除方法があるんだろうが、それにはまず、鍵を開けて乗らなければ解除できないので意味がない。

      あまりに近所迷惑なので、歩いて買いに行ってきましたが、外出先だったら電池が切れたくらいでJAFを呼ぶことになるのかな。


      ウ〜ム( ̄〜 ̄)悩

      0
         東北関東大震災の被害に遭われた方々、今も避難生活を強いられている方々に、心よりお見舞い申し上げます。

        自分が勤めている会社も東京に支店がありまして、社内にも被災された方がいらっしゃるようなので、決して人ごとではありません。

        でも、今のところ中国地方、特に広島は普段でも滅多に有感地震がないので、「大変だなぁ」と思うことくらいしかできません。

        実はですね。先々月に四国に旅したときの計画で3月の連休に、しまなみ海道へ・・・なんて計画がありましたが、今週末に迫っているのですよ。

        既に2ヶ月前にホテルの予約を入れてあるので、明日夕にはカミさんと息子は今治にある、ホテルサンライズ糸山にチェックインしますので、土曜には迎えに出発しなければならないのですが、なんせ日々のニュースを聞いていると、地震や津波の後遺症だけでなく、余震やらはたまた原発問題などありまして、そんなこと(私みたいなこと)してていいのか?と考えてしまいます。

        TMLでチョット話題に登ってた給油制限も、これまた問題です。。。
        まぁ、被災地と関係ない人が、「人が買ってるから」という理由だけでガソリンやら食料を買い占めてるっていうことからの給油制限なんてのは、私の中では論外ですが。

        広島での被害地震というと芸予地震以来発生していないように思います。
        これでも一応、ライフラインに携わるお仕事なので、あのときは発生から2日ほど家に帰られませんでしたが、まぁあのくらいの規模と被害では震災というほどのものではないので、他の地方では気にせずに遊びに行ってた人も多いと思いますが、今回の震災は酷いですからねぇ。

        自粛すべきか実行すべきか悩んだのですが、被害の規模で決めるなんてのも変な話ですし、今回はトレーラーのほうがメインではなくて息子の自転車がメインで、その途中の宿泊用としてのものなので、行こうかと。。。

        まぁ、一個人のことですから、こんなとこで書かずに、黙って行ってくりゃ良いんですけどね。

        しかし、トレーラーなんてものは、決してお金持ちの趣味じゃないんですけど、完全道楽な遊び車ですから、道の駅なんかで泊まってると、「こんな時に無駄に遊びに出やがって・・・」なんて目で見られそうな気がするのと、ウチのMPVとトレーラーの組み合わせって、散々HPで流してますので、『発見!=確定』される確率が高いわけでして、一応行く前にイイワケしておこうかと思いましてね。。。

        その次の週には広島キャンピングカーフェスタも開かれることですし(って、そっちは今のところあまり行く気はしないんですけど)、あぁいうのやゴルフに出掛けるのとそんなに変わらんかもなぁ・・・という感じもしてます。

        最後に・・・東北地方の早期復興も願いたいですが、それよりなによりガソリンや灯油、食料が一日も早く被災地に届くことを祈ります。

        何げに気になること

        0
          学生時代は鹿児島で過ごしたんですが、ここんとこニュースにもなっている新燃岳ほかが気になっています。

          「ほか」というのは南九州全域ってことです。

          私が住んでいたのは隼人町っていう現在の霧島市なんですけど、桜島の灰も風向きによっては降ることがありました。

          まぁ、自転車乗ってたら目に入るし、歩いていても耳の上(眼鏡の柄がかかるとこ)に砂粒みたいなのが貯まるし、あれは経験した者でないとあの不快さはわかりません。

          あの頃はだいたい8時間置きくらいに爆発していたのですけど、最初に住み始めたとき、なんと地震の多いところだろうと思っていたのですが、近所の人に聞くと、あれは地震じゃなくて空震、つまり桜島の爆発で空気が振動して建物だけが揺れているんだと・・・凄いところに来たんだなぁと思いました。

          ・・・が、昨年あたりから桜島が活発化して、そりゃもうあの頃の比ではありません。

          それに加えて、先月末から新燃岳。

          確かに霧島あたりも温泉は多いし、硫黄ガスがあちこち吹き出しているので、火山活動が活発になることは理屈ではわかりますけど、「え?まさかあの山が??」って感じなんですよ。

          学生時代は仲間と山ン中の温泉(単なる川だったりするんですが、お湯が沸き出しているところがある)に入りに行ったりしてたんですけど、どうも新燃岳の近くだった気がします。

          たぶん現在では入山禁止区域の中だろうと思うのですが、えびの高原やら韓国岳あたりは大好きな場所でしたからねぇ・・・あのあたりが火山活動で警戒区域になっていることが、信じられないほどの気持ちです。

          それにどうもウェザーニュースなんかを見ると、ここんとこ、トカラ列島あたりで地震が群発しているようで、諏訪瀬島の火山も活発になっているとか。

          今の鹿児島湾(正確には錦江湾という)も、大昔太古の時代には姶良火山の火口だったそうで、その頃の火山灰は樺太まで飛散しているそうですから、今の諏訪之瀬島〜桜島〜新燃岳はすべて地下マグマで繋がっているのだと思いますけど、大丈夫なんかな〜って感じです。

          って、どうすることもできないんですけどね。

          あ、そうそう、火山の近く、特に地殻変動が大きい場所では、地下の岩盤(その中でも安山岩や花崗岩など)が圧縮されると大きな電磁波を発するのだそうです。

          以前、学生時代に経験した話で家電機器が誤動作してたっていうオカルト話を書きましたが、どうやらそういう理由で起こりうるらしいです。

          毎晩経験してた金縛りの原因はわかりませんが。。。


          太陽電池

          0
            今更なにを?ってなタイトルですが、エコなのは判るんですが、今ひとつ充電速度が遅いので、家計でいうと収入と支出のバランスがとれてないような気がします。

            とあるところで聞いた話なんですが、全地球上の表面を現行のソーラーパネルで覆い尽くしたとして、現在の消費電力と比較しても数億分の1にしかならないとか。。。

            ウチのトレーラーは80Wのソーラーに6Aのバッテリーチャージャーがついてます。
            充電時は14.5Vくらいかかるときもあるので、14.5V×6A=87.0W ・・・
            つまり100%の仕事をしていないということになります。
            逆に計算すると80W÷14.5V=5.51A の能力で動いていることになります。

            しかもこれはまともに陽が当たっているときですから、この時期だと日照時間も少ないので、充電していると思われるのはせいぜい6時間くらいでしょうか。

            単純計算で5.5A×6h=33.0Ah
            この前のバッテリー電圧低下を検証してみます。
            この前切り忘れていた130Wのコンバータの待機電流が調べたら12Wくらいあるみたいで、その他この前改良しましたがオーディオの待機電流もありましたので、少なめに見積もったとしてトータルを20Wとします。

            以下単純計算ですが、
            20W÷12V=1.67A
            1.67A×24時間=39.999Ah ということで、既に1日の充電量を超えてます。
            これが積雪やらで充電されない日が続くと、すぐにバッテリーあがりになりますね。

            ひとつ思ったのが、家庭用の出力の大きいソーラーでAC100Vを取りだして、トレーラーの充電器に繋いだほうが、理論的な効率は悪いですが充電能力は大きいのではないかと。。。
            家庭用のほうがソーラーの単価は下がってますしね。

            今のが壊れたら検討してみようかな。

            リコール

            0
              会社にMAZDAから、リコールの案内がきました。
              仕事で使ってるボンゴバンのサスペンションと電気配線に関するものらしく、電話を入れると明日の午後でOKとのこと。
              ちょうど明日は仕事なので、行ってこようと思います。

              以前会社で使っていた車(三菱リベロ)のときもリコールを受けました。
              あのときはリアハッチのダンパーだったかな。
              もちろん、壊れていたわけではないですが、リコール対象となれば、やはり点検してもらわないといけないですし、製造業も大変だな・・・と思います。

              ところで、リコール(recall)ということは、callし直すということだから再呼び出しという意味なんでしょうか。
              リセットはセットし直すこと、リストラは再構築(または構造改革)ですよね。
              リストラというと首切りみたいに聞こえますけど、本当はリストラクチュアリング(綴り書け?・・・忘れました^^;)で、会社の組織や構造を立て直すこと・・・それがリストラなんですけど、=首切り みたいになってますね。

              話を戻してリコールですけど、英単語でいうと罷免の意味があって、地方自治法(だったっけ?)では、解職請求という意味だったと思います。

              昔、トータルリコールっていう映画がありましたよね。
              シュワルツェネッガーが主演で、火星がどうたらこうたらっていう・・・。
              (映画の内容はいつも酒飲みながら見てるので結末が何だったのか、よくわからないものが多い私です^^;)

              シュワルツェネッガーが知事選に出馬したのが、その前の知事がリコール(解職請求)されたことによるものだったらしくて、当時その洲の地元紙では「Total Recall」の文字が躍ったらしいです。
              いかにもアメリカっぽいですね。

              寒〜なるで

              0
                天気予報でも今週は寒くなるとの予報でしたが、なんとなく後ろ(週末)にズレているようです。
                水曜の最低気温が氷点下の予測だったのが、さっき見てみると0℃になっていました。
                その代わり木曜からが極寒。
                今週は土曜出勤(あ、来週もだっけ)なのですが、出勤は広島支店のほうなのでまだマシ。。。勤めている東広島の営業所は標高が高いので三次と変わらんくらい寒いんです。

                ちなみにウェザーニュースで東広島のピンポイント予報を見たら金曜から雪マーク。
                先々週、会社の車もスタッドレスに履き替えましたが、早めに替えておいてよかったと思います。

                あ、そうそう、昨年のブログで「ゆきなみネット」っていう道路情報サイトを紹介してましたが、この冬アクセスできなくて「何で?」と思ってたら、どうもトップページが違っていたようです。
                名前も変わって冬季道路情報
                になっています。
                昨年はPCページにリンクしたのでちょっと変わってしまったんですね(失礼しました)

                今からの時期、仕事に行くにも遊びに行くにも、この情報が欠かせません。
                特に遊びで行くときの島根県と広島県の県境のあたりはいくらスタッドレスを履いていても、なるべくなら雪道は走りたくないのです。
                以前は島根は島根でも津和野に行くことが多かったので六日市付近はどうか?って見ることが多かったんですけどね。
                六日市はいざとなれば広島から高速でも行けるので(高速は除雪が早いので)いいのですが、松江方面はそれができないので密かに尾道松江道路の早期完成を期待してたりします(まだまだ先の話でしょうけど)

                スキーヤーやスノーボーダーの方々は待ちに待った冬到来なんでしょうけどね。

                運転免許更新

                0

                  5月半ばに免許が切れるので更新に来ました。
                  免許センターは家から割と近いので助かります。

                  さすが毎日手続きしているだけあって、職員も慣れたもの。
                  受付開始前に100人くらい並んでいたのに15分ほどで手続き完了。

                  最近疲れ目なので視力検査がドキドキでしたが、裸眼で大丈夫でした。

                  ちなみに私はずっとゴールドです。
                  まぁ、無事故無違反とは言い難い・・・無事故無検挙かな。



                  『死ぬ』ということ

                  0
                    今日の午後、義理の姉(カミさんの姉)が癌のため亡くなりました。
                    2年前に乳癌を患い手術して、その後は回復していたのですが、この春に再発、リンパ浮腫という血液の癌になり入院していました。

                    実は2月以来旅を控えていたのはこれだったのですが、ちょうど2ヶ月前、リンパ腺が腫れていて右腕が上がらないので、リハビリのために広島市の病院に入院すると聞き、見舞いに行きました。
                    その時既に本人もリンパ浮腫であることは判っていたらしく、いろいろな方法や病院を試すうちに広島の某病院が良いと聞き、そちらに来たという経緯だったようです。
                    その時は冗談も出るほど見た目は元気でしたが一週間も経たないうちに病状が悪化、実家近くの病院に移り、今日に至りました。

                    夕方、枕経があったのでそちらに行き、先ほど私だけ広島に戻りました。
                    明日が通夜で明後日が葬儀、明日の午後から休みをとるつもりです。
                    甥は小六ですが姪はまだ小二、私自身も小一の時に母を亡くしていますので、甥や姪の悲しみは痛いほど判ります。
                    ただ、先月あたりから家族で覚悟はしていたようなので、逆に同様の体験をした私からすれば驚くほどみんな落ち着いていました。

                    * * * * * *

                    つい、この前の日曜日、親父から電話がありました。
                    私の従兄弟が二日前に自殺したとのことでした。
                    父方の従兄弟、実母方の従兄弟、継母方の従兄弟といろいろあるのですが、今回は父方の従兄弟で私より三つ下の34歳です。
                    従兄弟と言っても遠くにいるため最後に会ったのも、およそ30年くらい前なので顔もほとんどわかりませんが、『何故!?』と思わず声をあげました。
                    いろいろ事情はあったようですが、結婚して幼い子供もいて、残された家族を思うと、こっちまで悲しくなります。

                    * * * * * *

                    生きられる身体があるのに自ら命を絶ってしまった従兄弟、一生懸命生きようと努力したのに生きられなかった義理の姉。
                    ほんの一週間の間に身内で起こった『二つの死』を考えると、どうにもやるせない気持ちになります。

                    残業と休日出勤

                    0
                      私の勤めている会社ではあまり大きな声では言えませんが、ほぼ100%サービス残業です。
                      ・・・と書くと、会社にこき使われているイメージがあるかもしれませんが、職種(というか担当職?)によって分かれているわけではなく、単純に担当地域で分けてあるため、営業から施工、アフターサービスに至るまで、各担当者が一人でこなすため、どうしても日中は外回り(営業・施工)、夜はデスクワーク(図面、書類、見積)となるため、どうしても夜遅くまでかかってしまいます。

                      どう仕事をするか?ということも、担当者が自分である程度決められるため、「昼は外に行ってこい!図面や書類は夜にしろ!」と、会社から言われているわけではないのです。
                      仕事が楽で大きな利益・・・が理想ですが、現実はそうではないので、大きな仕事も小さな仕事も数をこなすしかないのですが、数をこなすほど営業〜施工〜サービス〜営業・・・というループの数ばかり増えるため、その結果残業も増えるばかり・・・という悪循環になっています。

                      会社からも体質改善を図るように・・・と言われてるんですけどね。
                      もう少し若い頃は残業代くれ〜!と声を大にしていたときもありましたが、あの頃はある程度の人数の中にいて、ある程度は手分けできたし、上司に付いていたこともあったのですが、ポン!と今の営業所に出てからは、自分の判断でどうにでもなるはずなのに、やはり利益を確保しようと思ったら、遅くなるのもやむを得ず・・・残業代の前に経費とかいろいろ考えてみると、体質改善した上で利益が出ないうちは、黙々とやるしかないかな・・・と思う今日この頃です。

                      こんなふうに考えると若い人の目からは「おやぢ」と思われて、やはりそれも悪循環なんでしょうねぇ。

                      ・・・で、今日のテーマはそんな愚痴を言うことではないのですよ(長すぎ)
                      ウチの会社では人によって、私みたいに毎晩遅くまでやる人、或いは普段は早く帰宅して休日に出て仕事する人に分かれます(中には両方する人もいますけど・・・それはとりあえずおいといて・・・)
                      私は前者のほうです。
                      休日は休まないと、トレーラーで出かけられないから・・・と思われますが、休日はやはり休日、休みの日に何で仕事しなくちゃなんないの?という考え方なので、入社してから休日出勤したといえば、12年間で多分20日無いくらいだと思います。
                      その代わり、普段の残業をぜ〜んぶ足したら、12年間で18年分くらい働いているかもしれません。

                      でも、先週の土日はどうしてもやらなければならないデスクワークがあったので、いつもいる東広島ではなく、元いた広島のほうの会社に出ました。
                      しかし土曜は休日にもかかわらず、普段と変わらんくらいの人が出勤していて、有る意味「異様」な感じでした。
                      普段、土日はキッチリ休む私からすると土日出ただけで今週は長〜い一週間に思えました。。。が、まぁ考え方は人それぞれですので。。。

                      ちなみに、明日は月に一度の土曜出勤日。
                      今月は会議をしないと聞いていたので「代休取ろっかな〜」という考えもあったのですが、そこは年度末・・・うま〜いこと(?)現場が入ってしまいました。
                      はぁ〜ぁ。一日損したわ。日曜は寝るど〜!


                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM